まだ見ぬ世界の片隅へ

大好きな音楽のこと。日々の思い。

01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./03

24日(ずいぶん過ぎて)

24日の記事が書けないまま、日が過ぎてしまいました。
異動になったり、色々環境の変化があって、
余裕がないと文章って書けないんだなあと。

Break Outっていう番組で、ものすごく久しぶりに
志村さんの歌う姿を観た。
あの瞳、ロックロックで見た時、印象的だったなぁと
なんだかリアルに思い出したり。
新たな記憶は作られないので、
過去の事を振り返るしかないってことは
寂しいなと思ったり。

この間、ファーストアルバムを聴いていることが多かったのですが、
ファーストのこの、なんとも言えないまるごとの雰囲気と、
やっぱり初期衝動みたいなものがぐぐっと詰まっていたり、
1曲1曲のすばらしさとか、
本当に大好きなアルバムだなとあらためて思っていました。
何度聴いても、何度繰り返しても、
大好きだとか、すごいと思うのって、
そんなにあるわけではなくて(音楽に限らず)、
宝物だなと思います。

この間のツアーで、書いておきたいことがあるから
また時間を取って書きたいと思う。
JACK LIONも随分行けてない。
行きたいな。


category: フジファブリック

[edit]

page top

24日

「Green Bird」が大好きなのですが、
この曲の「この現状を受け入れたんだろう」という歌詞と
「浮雲」の「独りで行くと決めたのだろう」という歌詞は
私のなかで同じように響く。

どちらかを聴くと、どちらかを思い出す、というような。
自分にとても響くことば。
前も書いたことがあったかもしれないけど、
人生のいろんなポイントで、この、
「独りで行くと決めたのだろう」ということばを
心の中で唱えてきた。
最近は同じように、
「この現状を受け入れたんだろう」ということばが
ちょっと助けてくれたりする。

志村さんの孤独は、曲からずっと感じていたもので、
総くんの孤独は、曲を作るようになって初めて伝わってきたもので、
どちらも、大切。


category: フジファブリック

[edit]

page top

12月24日に

もう何年とか、あまり考えなくなったな。
ただ、音楽を聴くたびに、心のどこかで「いないんだな」って思う。

声が残っているのに、姿も写真や映像でたくさん残っているのに、
その本人がいないというのは、なんというかやっぱり不思議です。

この間、メレンゲ・クボくんの作ったクリスマスソングを
「クボノ宵」で聴いたけど、楽しそうに笑顔で歌うクボくんを観ていて、
クリスマスの歌を明るく作りたいと思った気持ちが、とてもとても伝わってきて、
やっぱりそれは悲しかった。悲しく聴いてほしくないとはわかってるんですけどね。
CDで聴くと、総くんのギター、明るいのになんか泣ける。

人は順番に旅立っていくし、大きな流れのなかでは、
早い遅いなんてほんの少しの差。
そうはわかっていても、いなくなった人の「不在」、
そのからっぽの空間、その大きさはとてつもない。
何年経っても、そう思うのです。
その大きさ、そのとてつもない大きさは
時が経っても変わらないということを実感する日。

志村くん。
今でもあなたの作ってくれた曲たちをいろんな気持ちのときに聴いて、
まだまだ新しいことを感じたりしています。
本当にありがとう。


category: フジファブリック

[edit]

page top

24日

今年の金木犀は、一旦香り始めたと思ったら、
すぐに香りが消えてしまい、
しばらくしてまた花が咲き始めて、いい香りを漂わせていた。
急に寒くなったり暑くなったりしたからかな。

「赤黄色の金木犀」がなぜこんなに好きなのか、を考えていて、
理由はたくさんあるのですが、
あのイントロ、それが結構大きい気がするとあらためて。
あの、秋っぽい、さびしげだけど意志があるようなメロディ。

本当に、本当に名曲だと思う。

category: フジファブリック

[edit]

page top

24日

24日。(アップが一日遅れました)

今年も、いろんな人が「若者のすべて」を歌いました。
Suchmos ヨンスくんとか、ユニゾン斎藤くんとか。
他にもあったんだろうけど。

この曲が愛されていて、しかもその思いはどんどん広がっていて、
多くの人が大切に歌っていることはとても伝わってくる。
でもやっぱりこの歌は志村さんでしか成り立たないんだなと
今年も思いました。

もちろんオリジナルがいいに決まっているということは
そうなんですが、たぶんそういうことではなく、
この曲にはそれ以上の何かがあって、
志村さんでないとあの世界が伝わってこない。

そう思うと、歌って不思議だなあと思います。

総くんの歌うこの曲だけは、
相当に近いものがあると思うけど、
それはやっぱり、一緒にやってきた人だからなんだろう。

前にも同じようなこと書いたと思うけど、
夏の終わりに、やっぱり今年も実感したので
書き留めておこうと思いました。

私も夏の終わりにたくさん聞いた。
車でずっとリピートしたり。


category: フジファブリック

[edit]

page top